ヘッドライト加工LED

岡本さんはかういってその入れたいという羽織の襟を指先で扱しごいてみせた。細かい銘仙の絣かすりで大分皺くちやになつている。ヘッドライト加工LED「そんなにしなくともいいでせう。少しで足りることなら私が立替たてかへませうから。」とでもいったらこの小説家の気に入つたかも知らないが、実際のことをいふと、私はその折他ひとに貸す程の金を持合せていなかつたし、それに折角質屋の通帳かよひがあると睨にらむで来た小説家にもそれでは済まなかつた。 私はいった。「妙なことがあればあるもんですね。昨日きのふ丁度君のような人が来て、通帳かよひは借りて往ゆきましたよ。」 小説家はそれを聴いて、加工が「こゝには通帳かよひがある」と睨んで来た眼の違はなかつたことを満足して帰つて往つた。通帳かよひの手に入る、入らないは全く運といってもいゝのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>