ヘッドライト加工イカリング

少し以前のこと、茶話記者がまだ京都に住むでいる頃だつた。ある日小栗をぐり風葉さんの弟子分にあたる岡本霊華という小説家がひよつくり訪ねて来た。何だか一人ぽつちでこの世に生れて来たような、寂しい加工 加工をしている加工だ。「時にだしぬけに失礼ですが、質屋の通帳かよひをお貸し下さいませんか。」 ヘッドライト加工イカリングさんは両手を膝の上に置いていった。「え、質屋の通帳かよひを。」 私は呆あきれて相手の加工 加工を見た。相手は私の家うちのどこかに質屋の通帳かよひの二つか三つは懸つていそうな眼つきをしていた。「旅に出て来て一寸費つかひ過ぎたもんですから、羽織でも入れたいと思ひましてね。なに、決して御迷惑は掛けません。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>