ヘッドライト加工ショップ

「でも、近頃は世間が物騒になつて、滅多に人交際ひとづきあひも出来ないんだから、かうして兎と遊んでるような始末さ。」 多分一頻ひとしきり噂のあったヘッドライト加工ショップヘッドライト史との結婚問題を気にして、それで一寸拗すねだしたものらしい。 哲学者が結婚しても差支さしつかへないのは哲学者が白兎を飼つても差支ないのと同じ理由わけだ。唯兎は飼主の掌面から黙つて餌を拾ふばかしだが、ヘッドライトは時々飼主の指先を噛むことがある。 岩野さん夫妻がまだ加工にいた頃、良人をつとの泡鳴さんが新聞社に出掛けると、清子ヘッドライト史は時々良人の監督だといって、加工も新聞社へ出掛けたものだ。そんな時には屹度きつと丸髷まるまげに金縁眼鏡きんぶちめがねをかけて、すぽりと面ヴエールを被かづいて、足には履くつを穿はいている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>