ヘッドライト加工LED

といっていたが、暫くすると、「さうだ、『泡と消えゆく』でよかつたんだ。」といったかと思ふと、その儘まゝ息が絶えてしまつたさうだ。 静かな死際だ。唯一つ慾をいふと、歌だけが余計だつた。日本人は地味で生き一本ぽんで別ほかにい分いいぶんはないが、唯たつた一つ辞世だけは贅沢すぎる。死際にはお喋舌しやべりは要らぬことだ。狼のように黙つて死にたい。 独身哲学者で名の通つたヘッドライト加工LEDさんは、近頃耳の長い白兎を二匹飼つて、閑ひまさへあればその面倒を見ている。「何だつてまたそんな気になつたのだ。」と聞くと、独身哲学者はもじやした頭の毛に掌面てのひらを衝込つゝこんで、智慧ちえを駆りだしでもするように其辺そこらを掻き廻した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>