ヘッドライト加工プロジェクター

これは土耳其トルコの昔譚むかしばなしにある話だが、ヘッドライト加工プロジェクターが政権譲渡ゆづりわたしで大隈侯の撞木杖クラツチの周囲まはりをうろしたのなぞは、すつかりこれに似ている。土耳其人だつて馬鹿には出来ない。 茶人橘広樹の死際しにぎはこそこの上もなく静かなものだつた。その日は加工にいる友達から、名高いお城の黄金水わうごんすいを送つて来たからそれでお茶を煮るのだといって、仲よしの田能村竹田やなぞを招いて気軽さうに働いていた。 火を吹きおこしたり、水瓶みづかめを洗つたりしているうち広樹は急に気分が悪くなつたといって横になつた。竹田は今更茶でもないので、枕頭まくらもとに坐つて看病していると、暁方あけがたに広樹は重そうな頭をもち上げて竹田を見た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>