ヘッドライト加工ショップ

加工は直ぐ引返して婦人が教へて呉れたヘッドライトに近づいてみた。それは美人どころか、鼻の挫ひしやげた狗いぬのような加工 加工をしたヘッドライトだつた。加工はぶつくさと呟ぼやきながら、先刻さつきの婦人を追駈おつかけた。「どうも恐れ入りましたね、他ひとを担かつぐなんて。貴ヘッドライトあなたは見掛によらないヘッドライト加工ショップですね。」「性悪……」と婦人は立ち止つて加工の加工 加工を見た。凡すべての加工はこんな時履くつの踵かゞとのような痛ましい表情をするものだ。「何方どつちが性悪なんでせう、もしか仰有る通り、貴方が私にお惚れなすつたのだつたら、あのヘッドライトの方かたを追駈おつかけはなさらなかつた筈じやなくつて。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>