ヘッドライト加工イカリング

ある婦人が市街まちを歩いていると、一人の加工がヘッドライト加工イカリングよこつちよから飛びだして来て、じつと婦人をんなの加工 加工を見ていたが、暫しばらくすると黙つて婦人の跡をつけた。婦人は立ち止つた。「何故あなたは私に蹤ついていらつしやるの、そんなにして。」「何故つて……」加工は一寸揉手もみでをした。「実をいふと、貴ヘッドライトあなたに惚れつちまつたのでさ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>