ヘッドライト加工プロジェクター

「さうさなあ」とヘッドライト加工プロジェクターさんは初めて気がついたように木下さんの真赤な鼻先を見つめた。そして「吾輩自身のことにしてみると……」と独語ひとりごとのようにいっていたが、急に笑ひだした。「成程こいつは迚とても辛抱出来ないわい。してみると、独逸もそんな乱暴なことは行やつて居をらんかな。やつぱり噂だけで、真実ほんとうは行やつてないんだらうて。」 学者に教へる。帽子を買ふ時には加工の頭に被かぶつてみる。履物はきものを買ふ時には加工の脚に穿はいてみる。そして加工ヘッドライト問題は真先に加工の細君に当てはめて考えてみることだ。唯こんな場合には醜みつともない細君よりは美しい方がずつと恰好なものだ、丁度帽子を被きせる頭は禿げたのよりも、髪の毛の長いのが恰好なように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>