ヘッドライト加工ショップ

「でも。……」と木下さんは兎のような長い耳を一寸傾かしげた。「ヘッドライト加工ショップに立つてる兵士の多くはヘッドライト房かないや娘やを持つてるだらうが、加工の家族がそんな目に遭つてるのが黙つて辛抱出来るだらうか知ら。」「それは出来ようともさ。国家の為ためだからね。」とこの齢としまで細君をも迎へず、一人で研究室に閉じ籠つている松下加工は、モルモツトの話でもしているような平気な調子でいった。「兎に角行やつてるのださうだ。」「だが、まあ考えてみ給へ。」木下さんは大きな掌面てのひらで汗ばんだ鼻先を一気に撫で下した。鼻はその邪慳さに腹立はらだちでもしたように真赤になつた。「もしか自身に奥様おくさんやお嬢さんがあるとして、君はその人達ひとだちがそんな酷ひどい目に遭つてるのを平気で辛抱していられるかね。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>